愉快な仲間・真剣に遊ぼう!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レスキュー​比良

松下会長が、新たにブログを立ち上げられました。

  レスキュー​比良

以下、ブログの紹介記事です。(引用)

 ブログをはじめました!
 コメント大歓迎です。
 これからどうぞよろしくお願いします!


 レスキュー比良ブログを開きました。

 レスキュー比良とは比良山系(比良山)の遭難を減らしたいという想いから立ち上げました。
 滋賀県山岳連盟の有志で構成しています。

 比良正面谷とイン谷の出合から正面谷に100mほど入った右側に

 レスキュー比良正面谷小屋 があります。

 ここを核にして遭難防止の活動を行います。
 比良山系の登山口はたくさんありますが、初心者の方が一番多い登山口と考えています。
 可能な限り早朝より登山の相談に応じます。小屋に人がいたら声をかけてください。

 時間あればコーヒーでも飲んで出発してください。
 あなたの楽しい山登りのお手伝いをします。
スポンサーサイト

| 山のニュース | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「手軽に登山」ご注意 (2011.5.22.朝日新聞朝刊)

『「手軽に登山」ご注意』という記事が、
5月22日(今日)の朝日新聞朝刊に掲載されていました。
Y顧問のコメントもあります♪ ♪

朝日新聞

| 山のニュース | 09:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒冷前線まっしぐら、うひょう!

みなさん、こんにちは。
今日(5/17)は、ものすごいヒョウが降りましたね。
まさに、雨雹…うひょう!
「これぞ高層雲」という「高層雲」もでていました。


■今日の雷雨と雹について

現在、上空5500m付近に
非常に冷たい寒気(-21℃)が認められます。

上空の冷たい空気をはらんだ低気圧
(日本列島太平洋側に停滞した低気圧)と、
中国大陸からやってきている高気圧によって、
とても不安定な大気の状態が作り出されました。
(「寒冷低気圧」)

空気は、暖かい→冷たい方へと移動します。
地上には暖かい空気、上空には強い寒気。
結果、地上から上空へ空気が移動し、
いわゆる「上昇気流」を作りだします。
こうなると、大気の状態がきわめて不安定になります。

豪雨・雷・雹などの危険が高まるので、今日のような日は要注意です。


■「ところにより雷雨となるでしょう」という予報は要注意!

天気予報でよく、「晴れ、ところにより雷雨」といった表現があります。
こうした予報の場合、
山間部では「雷雨」となる確率が非常に高いため、注意が必要です。


■山行の際は、着替えの用意を!

今日のような短時間の豪雨でずぶ濡れになることも。
濡れた状態のままでは、低体温症になりかねません。
春夏秋冬とわず、必ず着替えの用意を。

| 山のニュース | 18:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GW白馬大雪渓雪崩事故調査

GWに白馬大雪渓でおきました雪崩の事故調査結果が
日本雪崩ネットワークHPで紹介されています。

■雪崩規模
標高差700m
幅150m、切断面100cm
弱層は、GWの雨で雪質が変態したため不明とのことです。

詳細は下記をご覧ください。

日本雪崩ネットワーク

| 山のニュース | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GWの滋賀県山岳遭難事故件数

GW、北アルプスだけでなく、
滋賀県内でも山岳遭難事故が多発しました。
件数7件、遭難者8名、
1名の方が心臓疾患で死亡という事態となりました。

道迷い3件、病気2件、転倒・滑落2件、
とくに霊仙山・伊吹山などで事故が多かったようです。
詳細は、京都新聞下記URLをご覧ください。

京都新聞(関連記事)


●山の突然死(山行中の注意点)

登りはじめ、お昼ご飯休憩など
大きな休憩をとった後は 、
心臓疾患をかかえている人、
高コレステロールの人、中高年(とくに男性)にとっては
心筋梗塞を起こしやすい危険な時間帯です。

とくに出だしからハイスピードに山を登ると、
身体が運動についてゆけず、
心筋梗塞を起こしやすくなります。
(坊村~御殿山など出だしが急坂のルートは
特に注意が必要です。)

準備運動をしっかりとし、
最初は特にゆっくり身体を温めるペースで。

また、水分不足も身体に悪影響を及ぼします。
2リットル程度の水分は常に携行したいところです。

ご参考までに…

登山中の脱水量(山本正嘉教授試算)

体重(kg)×山行行動時間×5=脱水量(ml)

ex) 70kg×7h×5=2450ml

水分摂取量については、また後日。
上記数値の半分以上は摂取しなければなりません。


| 山のニュース | 20:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。