愉快な仲間・真剣に遊ぼう!

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありゃ嬉や~こりゃ嬉や~の山スキーIN三国山

山スキーIN三国山山行名: 個人山行 三国山山スキー
参加者: 6名、S(CL)・T・H・U・会員外2名
日程: 1月24日(日)日帰り
集合場所: マキノスキー場 南3km マキノピックランド
マピオンでの地図

コース・・黒河林道入り口(GPSのスイッチONにし忘れていて時間不明)・林道
の途中休憩(9:00)・・(10:14)峠(10:26)・・・林道・・・
尾根取り付き・・・(11:47)三国山(12:20)―――(山スキー)―――(13:06)峠(13:
29)―――林道入り口(13:52)
GPS軌跡(添付)

・・・・・『個人山行 三国山山スキー』報告レポのはじまりはじまり
~・・・・(大そうな~)

けさんへ、(何でケさんになったんだっ・ケ?何か印象的なお名前~)まず
は、お誘いありがとさん~でございまする。

なんて嬉しいお誘いなんでしょう~と夢心地でいるが、前日土曜日のスノーシュ
ウーでの雪山が延期になりませんようにと祈る。この土日は、天気予報は曇り&
雪で、延期になれば、山スキーには参加できないのでありまする~。が、無事に
も前日の雪山は、霰降る中、決行となりよかった~ぞまし。

ケさんの依頼を受け、ニコニコおじちゃまのUさんが計画書を作成してくださ
る。やまっこに参加して始めての個人山行で、ちょっと不安ゲな私に、親切に、
安心のお電話くださり、これまた、ありがとうございました~。

さて、前置きはこれくらいにして、当日の報告を。もしかして、「早うせい
~。」と歓声が湧き上がってます?

マキノピックランド集合は8時にも関わらず、ここまでかかる時間設定が分から
ず、マップファンウエブで検索した時間設定で出発したが、余裕のよっちゃん
で、超早く着きすぎる。

そういえば、板の手入れも、シールの手入れも、先シーズンのまましておらず、
今日は、板やシールに雪が張り付いたら、ただでさえへたっぴ隊(隊員一人)と
しては、申し訳がたたないと、車の中でワックスを秘かに(「なんで?」「はず
かしいから」)塗るが、そうこうしている内に、窓の外には、見慣れたお顔が。

あたふたあたふた。あの~、シールに塗るワックスを板に、板に塗るワックスを
シールに塗っちゃったんですけど・・・・。これで、今までの努力も空しく、
やっぱり、何かただではすまぬ私がいたりして。あかんやん。

皆さん集合したのは、7時35分くらい?で、小学校の遠足の如く、ワクワクド
キドキの早起き鳥達が、車3台を連ねて登山口へGO~。

黒河林道の入り口に駐車し、準備完了。(「ほんまやろなぁ・・」「何か忘れ物
ない?」っと忘れ物名人戦には、小学校から優勝している私は、心の中でチエッ
ク)Uさんにビーコンなる物を始めて貸していただき身につける。(これ買わ
なきゃなぁ~)

初めて顔合わせのメンバーもおられ、自己紹介をして、「よろしくお願いします
~。」と、さあ出発だ。皆さん、超ベテランで、へったっぴ隊一人は、ドッキン
コ。もう一方、女性が山スキーは経験浅い?とかであるが、ゲレンデスキーはバ
リバリの様子。ゲレンデもよたよたの私とは違いそう。

ありがたくも、初心者が途中でへたれてもいいようにとの配慮で(へたれたら
ツェルトを被って待ってなさいとの命とも言えるが)、本日は往復するルートを
取っていただく。これって甲賀流忍術で言えば、何の術?それって、安心安全の
術かも。

本日の先行者は無く、新しく降った雪の上をS(CL)さんを先頭に二本のラ
インを引いて歩き出す。超初心者の私は、なんとか、山スキーのこつを学ぼうと
二番手につけさせていただく。これまた、ありがたし。

「靴擦れしそうなら、早めに言ってね。」のお優しい配慮の言葉に、「あの~早
速、しそうなんですけど。」と休憩を一本とってもらう。


―始まったばかりで、すみません。ちょうどオネムの時間となりました~。続き
は後日に~0:05分―――むにゃむにゃ・・・


☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
H。。。。。。。。。。。。。。。。。☆

awasan 転記

| 2010年記録 | 09:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT