愉快な仲間・真剣に遊ぼう!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月23日・24日 スゲハラ小屋・武奈ヶ岳山行記録

山行記録をNshiさんからいただきました!
力作、ぜひご覧ください。

参加者    :katsu. UEさん(CL)・awasanさん(SL)・
        H.Hさん(SL)・Ikちゃん(会計)・
        Td顧問(買出)・Moryさん・
        Mtさん・Iさん・Sayさん・OgKさん・
        Nshi(記録)
日時     :2011/06/25(土)~
        2011/06/26(日)
天候     :両日共、晴れ時々曇り
1日目
 歩行時間   :3:36( 9:54~13:30)
 歩行距離   :4.1Km
 累積標高(+):707m
 累積標高(-):186m
2日目
 歩行時間   :3:02( 7:11~10:13)
         2:28(11:10~13:38)
 歩行距離   :7.7Km
 累積標高(+):476m
 累積標高(-):1000m

※歩行距離と累積標高に関しては、awasanさんからGPS
 データを提供して頂きました。

map1.jpg map2.jpg map3.jpg
(クリックで拡大します。)

sugehara.jpg (Sayさんご提供写真@スゲハラ小屋)


---------------------------

集合時間:9:00に湖西道路の真野インターを通過する事
     として集合場所へ向かう
集合場所:滋賀県高島市ガリバー青少年旅行村駐車場

6/24の天気予報では雨だったので、中止になるのではな
いかと思われたがkatsu. UEさんの判断で決行となった。
結果、この判断のおかげで、両日共に雨具を着ける事も無く
楽しい山行が出来た。
また、今回の山行では同志社讃峰岳会スゲ原小屋を使用させ
て頂いたのだが、この点においてもkatsu. UEさんに感謝で
ある。

===========================
1日目
先頭をawasanさんが担当し、快調にワサビ谷辺りまで進むが
尾根道に入ると勾配がきつくなりペースが遅くなってくる。
また、今回の山行は日帰り山行をメインとしている参加者に
は、ザックが重いのも負担になってくる。

 9:54 ガリバー青少年旅行村駐車場より出発 (440m)
      katsu. UEさん、awasanさんからこの日の行程
      等を説明。

10:07 八淵の滝へ続く遊歩道入口(480m) 休憩5分
      ここに有るトイレを利用させてもらう。
      ここから大摺鉢までは、観光客も行き来するの
      で比較的楽

10:42 大摺鉢(580m) 休憩10分
      ここで川を渡りワサビ谷へ入る
      ここでの渡渉はクサリが張って有るものの緊張
      する一瞬だった(ベテランの方々は難なく渡っ
      ていたが...)

      ワサビ谷
      何度か渡渉するが水量は多くないので楽

11:11 ワサビ谷最後の渡渉から右岸尾根へ(650m)
      ワサビ谷の最後の渡渉後の2m程の登りが脆い
      岩で崩れやすく注意が必要。
      何人かは落石を起こしていた。

11:22 右岸尾根へ出た所(680m) 休憩10分

12:17 市境線のコル(870m) 休憩10分

12:57 広谷の河原(930m) 休憩5分

13:30 同志社讃峰岳会スゲ原小屋(950m)到着
      この日のゴール地点

ゴールして早々、H.Hさんが先行して冷やしておいてくれた
ビールで乾杯!
(H.Hさんは飲まないのに有難うございます)

夕食までの間、自由時間。
とは言っても、小屋泊慣れしているベテラン方や女性陣は夕
食準備や小屋のメンテナンスにせっせと動き回っておられる

本来なら私(記録者)の年代くらいより下の者が、テキパキ
と働かなければいけないのであろうが、この会ではいろいろ
な分野でプロ級の腕を持った人たちがいるので、それに甘え
てしまっている。(もちろん、役に立ちたい気持ちは有るが
かえって邪魔になるような気もする)

夕食(17:00~)
メニュー
・メインは、katsu.UEさんの作ってくれたカレーをアルファ
 米にかけて頂く。(一部から辛口のカレーにクレームが付
 くが『お子様は黙っとけ!』と一言)(笑)
・Td顧問やOgKさん、Sayさん、Ikちゃんの作ってくれたオニ
 オンスライス、野菜の浅漬け、椎茸のアルミホイル焼
・EAC(エチルアルコールクラブ=永山会)の持ってきて
 くれたお酒類
 記録者的には、酒が飲めないので「忍ジャエール」は大変
 助かりました。 
・Mtさんの持ってきてくれたワイン2本
・Td顧問が買い出ししてくれた、おつまみ類各種

この夕食時、初参加のMtさんに対して全員の自己紹介を行う
皆さん、お酒が入っているので色々なチャチャが入るがMtさ
んは頭が混乱しなかっただろうか...
また、Mtさんはワインに詳しいらしく、南アフリカ産とポル
トガル産ワインのウンチクを聞く。
最後に、Iさんの幕末の話と童話の話を、賤ヶ岳で聞けなか
った人の為に再演!!

夕食後、小屋の外に出て夜空を眺めると、いくつもの星が見
られた。(この小屋に4度、来ているawasanさんの話では、
初めて星が見れたそうである。雨予報だったにも関わらず、
星が見えたのは大変ラッキーだった)
夜空を眺めている時、katsu.UEさんとTd顧問のヘッドライト
明るさ対決が勃発、どちらも負けず嫌いである。

翌日の起床を6:00として21:00就寝。
2階には女性3人と若手3人(若手と言っても2、3人目は
50オーバーなのだが)が割り振られたが、IkちゃんとSay
さんには逃げられてしまった...何やら寂しい

===========================
2日目
腰の調子が心配なIさんを残して、広谷→コヤマノ岳分岐経
由で武奈ヶ岳を目指す。登頂後、細川越え経由で同志社小屋
へ戻り、Iさんと合流し、ガリバー旅行村へ下山。

先頭をH.Hさんが担当し、広谷の分岐までくるが、ここから
H.Hさんの判断で、一般ルートから外れてバリエーションル
ートへ突入。イブルキノコバへは出ず、一般ルートより2本
北の尾根を登る。(結果、ショートカットし、コヤマノ岳分
岐の直前で一般ルートと合流)
下山は、awasanさんが先頭を担当し、前日とは打って変わっ
た速さで下山。


 5:00 起床
      前日に起床は6:00と決まったはずだったが
      ほとんどの人が5:00には起きていた

朝食(6:00~)
メニュー
・前日のカレーの残りにソバや餅を入れてカレーラーメン風
 にしたもの
・スティックのカフェオレ

 7:11 同志社讃峰岳会スゲ原小屋(950m)出発
      一旦、この小屋へ戻ってくるので、何人かはザ
      ックを軽くして出発

 7:43 広谷(930m)
      地形図上では広谷分岐の西の谷から、左の尾根
      に取り付くのが一般ルートだが、右の尾根に取
      り付く。

 7:57 一般ルートより2本北の尾根出会(970m)
      尾根へ上がるまでは明瞭な道は無いので、各自
      が適当にルートを取って行く。結構、滑る斜面
      だが、岩場ではないので、蹴りこみながら上が
      れば難しくはない。

 8:04 2本北の尾根途中(970m) 休憩5分

 8:44 広谷からの一般ルート出会い(1125m)
      ここまでのバリエーションルートは、ブナが多
      く良い風が吹いていて気持ちよかった。
      尾根を外さなければ迷う事も少ないだろう。
      但し、下山時には、尾根へ入る場所が分からな
      いのでやめた方が無難。

 8:49 コヤマノ岳分岐(1135m)
      コヤマノ岳への分岐が左から入るが武奈ヶ岳へ
      は直進

 9:03 西南稜分岐(1200m)
      分岐の直前は、道の左右からサラサドウダンや
      紅ドウダンがトンネルを作っており、最盛期に
      は綺麗なのだろう。今回は多くが散っていた。

 9:06 武奈ヶ岳山頂 休憩25分
      三等三角点(1214.4m 点名:武奈岳)
      西南稜分岐で待って、トップを今回初参加のMt
      さんと発登頂のSayさんに代わる。
      琵琶湖側はガスがかかっていて見えなかったが
      京都北山方面は綺麗に見える。

 9:57 細川越え(1000m)
      ここまでの下りは、急で滑りやすいので注意
      広谷へ入っていく道は右折する。まっすぐ行く
      と釣瓶岳へ行ってしまう。

10:13 同志社讃峰岳会スゲ原小屋(950m)到着
      細川越えからここまでの間は、湿原の為、木道
      が敷設されていて、木道以外の所を踏んでしま
      うとズブズブと沈んでしまう可能性がある。

小屋へ戻って乾杯。その後、掃除と戸締り

11:10 同志社讃峰岳会スゲ原小屋(950m)再出発
      小屋に残っていたIさんと合流し、下山開始

11:28 広谷の河原(930m)

11:51 市境線のコル(870m)

12:17 ワサビ谷右岸尾根からワサビ谷へ(680m)

12:23 ワサビ谷渡渉(650m)

12:52 大摺鉢(580m)

13:30 八淵の滝へ続く遊歩道入口(480m)
      ここに有るトイレを利用させてもらう
      売店で買い物

13:38 ガリバー青少年旅行村駐車場 (440m)到着
      katsu.UEさんによる解散式

解散

記録者:Nshi

| 2011年記録 | 20:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

天候もよく、楽しい山登りの様子が伝わってきました。
お疲れ様でした。

| mm | 2011/06/28 23:05 | URL |

Nshi様、記録ありがとうございます。
確かに力作ですね。

Nshiさんは泊まりがけの山歩きをされなさそうな
印象があったので、面白く読ませていただきました。

本格的なテントを所持されていると
Y顧問に伺いましたので
テント泊山行の記録も今後期待してます。

Oshy

| | 2011/06/28 23:51 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。