愉快な仲間・真剣に遊ぼう!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2月例会実施報告 真名子

やまっこ 2月例会実施報告                真名子
ソチでは冬季オリンピック開催、男子フィギュアで新鋭の羽生結弦選手(19歳)が日本初の金メダルに輝いた、日本では記録的な大雪で関東・甲信越が雪に埋もれてしまった、そんな中やまっこ2月例会が15日~16日の2日間三国岳方面で実施されました。雪上テント泊の条件あり参加者は最終的にCLの関本氏と真名子二人となりました。2月15日前夜から雨模様、関本氏に自宅まで迎えに来て頂き午後から黒河林道入り口の駐車場まで移動するも雪が少ない為予定を変えてマキノ高原へ移動し車中泊となりました。

17:30 関本氏所有のランドクルーザープラドのキャンピング仕様、何とナント冷蔵庫に電子レンジや必要なキャンプ機材・器具が程よくセッテイングされており2人が脚を伸ばして就寝出来るスペースが確保されており食卓のテーブルまで組み込まれ、更に驚きはルーフラックに組み込まれたスライド式のソーラーパネルを利用して衛星放送TVが見られる事でした。

18;00 気持ち壮年、はるか昔に還暦を迎えたオッサン2人で車内でのプチ宴会、程よくアルコールも廻り時間を忘れて5時間に及ぶ山談義。

07:30起床し簡単な朝食を済ませ岳連主催の山岳救助訓練を横目に見ながら黒河林道入り口駐車場へ向う、昨日と違って天候は晴れ、はやる気持ちを抑え乍ら手早く身支度を整え

08:45駐車場を出発、福井県へ連なる林道の為勾配はなだらかで雪意外の障害物はない。途中地図とコンパスで読図の指導を受けながら廻りを見渡す、気持ち良い雪景色である。関本氏はスキーを履いて、私はスノーシューを履いて登る。

09:40テント場予定地で休憩を取り分水嶺を目がけて進みかけて間もなく右下、谷川辺を歩く日本カモシカを発見した、鹿は良く見かけるが日本カモシカは初めてでありました。林道をひたすら登る、高度を上げる都度に雪が深くなり関本氏はスキー歩行で約7Cm、私はスノーシューで15Cm沈む、体重オーバーが必要以上に体力を奪い、年上の関本氏について行けず離されてばかり、

12:00 第一目的地の県境直下に到着、30分も前に着いたと言う関本氏が雪洞を掘っている、若干の排雪を手伝い2畳程の雪洞が完成しここで昼食となった。初めての雪洞経験、夜はローソクを灯すといいらしい、同伴者が女性だったら最高とか?還暦5歳のおっさんでゴメンナサイ・・・

13:00 コンプレッションテストをしながら断層の識別、指さし硬度確認し雪崩のメカニズムを教えて頂き大変勉強になりました。

13:45稜線を更に登るも目的地の三国山登頂は私の体力と時間的に無理と判断され

14:40下山開始、

16:15駐車場着で無事の下山。他に一組男女3人の登山者のみであった。

雪山は美しい、心が癒されます。
関本氏に感謝します、読図や雪洞作りや雪質診断等多くの勉強をさせて頂きました。


14-0image001.jpg

14-0image003.jpg

14-0image005.jpg

14-0image007.jpg


| 2014年記録 | 07:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。